医者は飲まない風邪薬!治す薬は存在しない!?

目次

風邪を治す薬は存在しない

風邪をひくと、病院に行ってお医者さんに薬を処方してもらって薬局で薬をもらって飲むことがよくあります。
もしくは病院に行くのはイヤだったり、仕事等で忙しくて行く暇もないということから、ドラッグストアで市販薬の風邪薬を買って飲む人も多いかと思います。
ではお医者さんは風邪をひいたら同じ風邪薬を飲むのか?答えはNo!
実は風邪を治す薬はほぼないというのが現実。
そもそも一般につかわれている「風邪」というのは正式病名ではなく、正しくは「普通感冒(かんぼう)」「かぜ症候群」と呼ばれます。
風邪を治すために抗生物質が処方されることがありますが、これはウイルスには効かないため、根本的な治療とはなっていません。
むしろ体内の免疫力を高める本来もっている治癒能力に使われる菌を殺してしまい、逆効果という可能性もあります。
もちろん発熱による極度な体温の上昇は障害や死に至る可能性もあり、それを抑えることでは重要ですし、辛い喉の痛み、咳、鼻水、頭痛などを緩和してくれるので全く意味がないということではありません。
ただ、風邪のウイルスを殺し風邪自体を死滅させることができるわけではない。このへんの勘違いはしないでおきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる